食事 量 減らす ダイエット

ダイエットで食事量を減らすコツ

ダイエットを始めたときに悩むのが、どうやって食事量を減らしていくのか?を考えてしまいます。

 

今までは、間食など無意識のうちにしていたり、仕事の帰りがけに歩きながらついつい食べてしまったりなど、やめられないものが多くあります。

 

そうした、間食の無駄をいかに減らすか?を考えていくことが食事制限の第一歩となっていきます。

 

食事は1日3食を意識する

食事量を減らすコツは、基本的に食事はいつするか?ということから始めると良いでしょう。

 

そもそも、間食や食事の回数が増えている場合、無意識に食べ物を食べているので、常に何かを口にするような習慣がついてしまっていることが考えられます。

 

そこで食事を意識することで、正しい食事のタイミングを体に覚え込ませて、食事量を減らしていくことが必要となります。

 

1日3食にすることで、朝食のあとは、昼まで何も口にしないことを意識して、昼食のあとは、夕食まで何も口にしないということです。

 

但し、食事の合間が長いような場合は、ナッツ類などダイエットに適したものを少しだけ口にしていきます。

 

こうすることで、まずは1日3食を体に覚え込ませて、無駄な食材を口にしなくなるようにしていきます。

 

間食などの過剰な食事はしない

食事量を減らしていこうとする際に注意しなければいけないのが、無意識のうちに糖分などを摂取してしまっていることです。

 

食事制限を始めて、間食をやめていても、慣れてくると無意識のうちに糖分の多いジュースを飲んでしまっていたり、勧められたお菓子を口にしてしまっているということがあります。

 

それを繰り返すうちに、また過剰に糖分を摂取して太ってしまうので、生活習慣が崩れないように注意が必要となります。

 

食事量を減らすための習慣

ダイエット用に食事量を減らしていく場合は、1日3食と食事をする時間帯をできるだけ同じ様にしていきましょう。

 

例えば、夕食を摂る時間帯が毎回バラバラだったり、夕食から次の食事までの時間が空きすぎてしまったりすると、体の機能として安定した栄養が供給されないために、しばらく食事ができなくても動けるように脂肪を蓄えることを優先にしていきます。

 

そうなると、いくら食事制限をしても思うように体重が減らなくなってしまうので注意が必要です。

 

こうした状況を避けるためにも、できるだけ安定した時間帯に食事をして体がしっかりと栄養を定期的に摂れると認識させることができれば、スムーズに食事制限となり、体重も減ることができるのです。