食事 量 少ない

食事量が少ないと感じるときはこれ!!

ダイエットをしていくと食事制限をしなければいけない場合が考えられます。

 

そうすると、出てくる壁の一つに、食事量の少なさがあります。

 

あたりまえのことかもしれませんが、ダイエットにおいて、食事管理をしていくうえで、今までよりも食事量を減らすことから、満足できなくなるからです。

 

こうした食事量が少ないと感じる場合は、食べても太りづらい汁物・野菜やタンパク質を多く含んだ食材を多くして太りやすいものは少なくするというバランスを取っていけば、空腹感を紛らわすことができるようになります。

 

栄養バランスは考える

食事量が少ない状態でも、多い状態でも最低限気を付けておかないといけなのは、栄養バランスです。

 

栄養バランスは健康を維持するために必要なことで、このバランスが崩れてしまうと、体調不良を招く結果となってしまいます。

 

体調不良に陥ってしまうと、ダイエットの継続どころか、生活状況に支障が出てしまう場合もありますから、まずは健康でいることに注意して食事内容に気を付けて食生活を送るようにしていきましょう。

 

汁物・野菜・タンパク質を中心に

食事量が少ない場合の対処方法は、いかに太りにくい食材でお腹を満たすか?ということです。

 

そうなると、汁物、野菜、タンパク質を多く含む肉類や豆類の食品に限定されていきます。

 

汁物であれば、スープやスムージーなどのドリンク系を中心に考えて、特に夕食時の空腹に有効な食材となります。

 

水分を多めに摂ることで空腹感を満たしますが、塩分の摂り過ぎにならないように注意が必要です。

 

野菜を多めに摂る場合は、一番最初に食べておくことがベストです。

 

特にダイエット中は、食べる順番によって栄養が吸収されていきますから、先に野菜を口にしておくことで、健康的な状態を保ちやすくなります。

 

タンパク質を主に摂る場合、肉類や魚類、豆腐などの豆製品になりますが、この場合、肉類は脂の摂り過ぎには注意しておきましょう。

 

タンパク質は太らないのですが、脂は糖質と同じように脂肪に変わっていく成分でうs。そのため、脂身などは摂り過ぎないように注意していしてお腹いっぱい食べてしまいましょう。