食事 量 少ない 太る

食事量が少ないのに太るワケは?

食事量が少ないのに、何故太るのか?これはいくつか理由がります。
まずは、おなじみの糖質を多く摂ってしまっている。これは単純に、糖分の摂り過ぎによるものです。糖分はエネルギーに変わりやすい事から、脂肪へも変わりやすいため、糖分を多く摂る事によって、太ってしまうわけです。
これと同じ様な理由として、お菓子を食べるぎるなどの間食が挙げられます。
お菓子は、どんなものでもほぼ糖分が含まれていて、高カロリーなものが多く存在します。ごはんの量が少なくても、間食をしたときのお菓子の量が多かったり、間食の回数が多かったりするとやはり、太っていってしまうので注意が必要です。
また、生活習慣の乱れによって太ってしまう事もあります。
これは、食事量が少なくても、深夜に食事をしてしまったり、あるいは代謝を促さなければいけないのに、睡眠時間が短い場合など、代謝が滞る事で、肥満の原因となってしまう場合があります。

 

 

こうした事から、食事量が少ないのに太ってしまう場合というのがあります。
これらを考えてみると、基本的に生活習慣の乱れによって、肥満を引き起こす事があります。これを逆に考えれば、生活習慣が正しくなるだけで減量がある程度できる場合もあったり、スムーズなダイエットができる様になっていくのです。