食事 量 減らす 痩せる

食事量を減らすとどのくらいで痩せるのか?

ダイエットを行ううえで、気になるのが食事量を減らすことで、どのくらいの期間で痩せる様になるのか?ということがきになります。

 

通常、ダイエットといえば、運動など消費カロリーも含めて考えていくので、食事の減らしたかに特化した考え方をここでは説明していきます。

 

体重の減り方

食事制限を始めた場合、理屈として体重だけなら翌日から減っていきます。

 

これは、食事量が減った分の体内にある消化物の量が減ることと、脂肪を蓄える量が減ることから、体重だけは減るということがいえます。

 

脂肪の燃焼なども含めた体重の減少となると、エネルギー消費や脂肪分解などが必要になるので、目に見えて体重が減ったと感じるのは、約1か月くらいの時間がかかるとみていくことが必要です。

 

急激な減量には注意

ダイエットに急いでしまって急激な食事制限にはならないように注意が必要です。

 

これは、急激な食事制限をすることで、いつもよりも栄養が突然不足することから体調不良を招いてしまう可能性があります。

 

貧血などをはじめ、糖質をカットしすぎて頭がぼ〜っとしたり、とその場で症状が出ることもあれば、免疫力が下がってしまって風邪をひきやすくなるなども考えられます。

 

体をならしながら食事制限をしていき、すこしずつ食事量を減らしていくと良いでしょう。

 

また、体調不良以外にも急激に減量をすると、体が餓死してしまわないように体を省エネモードにして一気に停滞期へと入ってしまいます。

 

一般的に体重の5%以上が一か月以内に減少した場合、体重の減少を止めてしまうと言われてるので、ここにも注意が必要です。

 

食事量を減らすコツ

食事量を減らすなら、糖質から減らし、徐々に体に慣らしながら食事制限をしていくことがベストでしょう。

 

さらに、食事制限を始めて体重が減ったと実感できるまでには、一か月間はみてあげるとさらにスムーズにダイエットを行うことができるようになります。

 

食事制限とダイエットは、体のバランスを保つのに重要な関係があります。

 

これからも健康的に元気に動けるように、バランスの良い食事を摂っていきましょう。

 

食事量を減らす事によって、消化作用が向上されて、お腹の中に溜まっていたものが排泄されていくことと、そこからさらに以前よりも食事量を減らす事に継続性があれば、脂肪燃焼が始まっていきます。

 

ここまでで約1週間もあれば、体の調子が変わっていきます。調子が変わる事で、少し前よおりも健康的になるので、そのタイミングで少しずつトレーニングを始めるとより効果的に痩せる事ができる様になります。

 

食事量を減らして1か月たつ頃にはかなりの減量が可能になりますが、ここで注意したいのは、停滞期は必ずやってくるという事です。

 

この停滞期は永井と一か月ほど続きますが、この間に食事量を妥協してしまうと、リバウンドをしてしまうので気を付けていきましょう。

 

停滞期は我慢の時期でもありますが、ここは同じ食事量を継続しながら、筋肉を鍛える事に集中した方が良いかもしれません。

 

そうすることで、筋肉量を増やし、停滞期が終わると増えた筋肉量を使って、向上された基礎代謝に今までの食事量によって、停滞期を乗り越えた後の減量を更に加速させる事ができる様になっていきます。

 

この、食事量の問題は各々で考えていかなければいけませんが、始めから最後まで通してやり抜く力があれば必ず実行していけます。