食事量を減らさずにダイエットをする方法

ダイエットをしているときに一番意識してしまうのは、食事の満腹感があげられ、毎食お腹いっぱいになっていないと、過酷に感じる方もいます。食事制限がつきもののダイエットでも食事量を減らさずに満腹感を獲れる方法があれば、あまり苦にならずにダイエットを実践していけますよね?もちろん、食べ過ぎによる満腹感は推奨できませんが、満腹感を得られる方法や、食事量を落とさずに食材の制限をすることで満腹感を得られる方法は確かに存在します。このサイトでは、そういった創意工夫をしながら満腹感を得られながらもダイエットをしていく方法を紹介していきます。

 

食事量を減らさずにダイエット

ダイエットにおいて食事量や満腹感との戦いはつきものですね。
最近では、この満腹感を補うためのサプリメントやドリンクなどが出回っていますが、ほかに満腹感を満たす方法がないのか?という事を考えるとあります。
ここでは、その方法について説明していきます。

 

まずは、答は単純です。食事量は減らさずに食事内容を変えていくという事です。
これは、サプリやドリンクに頼らない結果という事ではなく、ダイエットにおいて必要な要素となっているからです。
ダイエットするのであれば、サプリやドリンクを使おうが使うまいが、いずれも同等の事をやらなければいけなく、結果的に食事内容の変更はしなければいけません。
そんな中でも満腹感は得ておきたい、食事に対しての欲求的ストレスはなるべく軽減したいというための方法です。

 

ダイエットをする事になる理由はほとんどが痩せたいという事になりますが、更に細分化すると人それぞれの事情や理由があります。
特別な非が近かったり、病気などによって痩せなければいけなかったりとありますが、痩せる理由として太っている状態が容易に相応できますが、太ってしまう理由としてはやはり、自分の体に対して必要以上の食事をしてしまう事が大きくあるでしょう。
こうした内容からダイエットを実践していくには、自分の体に適した食事内容に変更していく事がダイエットの第一歩として重要になってきます。
ダイエットの原理は単純に摂取エネルギーよりも消費エネルギーが大きければ痩せていきますが、消費エネルギーを増大させるには、一定のトレーニング量が必要になりますね。
では摂取エネルギーについてはどうか?これは、食事量ただ減らせば良いというわけにはいきまん。
食事とは、体を動かしたり、維持するのに大変重要な役割ですから、食事を減らしても栄養バランスが悪ければ、体調不良の原因となってしまいます。
うらをかえせば、栄養バランスが取れていば、食事量が一定多くてもダイエットをすすめる事ができます。
例えば、今までの食事が炭水化物ばかり食べていたが、ダイエットを初めて野菜中心にしていったので、食事量は今までと変わらないのに痩せる事ができたなどという事も多々あります。
この様に、食事を改善させるだけで大きな効果を生む事ができ、更に食生活と生活習慣を改善させる事で食事量を減らさずにダイエットをする事ができるようになっていくのです。

 

食事改善の準備

まず、食事内容を改善させる為の準備として、体に必要な栄養素のお話をしていきます。
ダイエット中であろうが、なかろうが、必要な栄養として、三大栄養素があります。
これは、糖質・脂質・タンパク質があげられ、糖質は体を動かすエネルギー源、脂質は体をつくり、タンパク質は体の代謝を促す役割をもっています。
いずれも大切な役目があり、摂取を怠ると免疫低下につながって風邪をひきやすくなったり、お肌がカサカサになってしまったりと、不健康の素となってしまいます。
このほかにもミネラルやビタミンを含む五大栄養素を摂っていると健康状態が良好になっていきます。

 

ダイエット中はこの栄養素をうまく摂りいれつつも満腹感を得られるようにしていくのがコツとなります。
では具体的どの様にしていくのか?という事になりますが、まず炭水化物のお話からしていきます。

 

炭水化物は糖質が多く含まれた主食として好まれて食べられています。
炭水化物は糖質が多く含まれた主食として好まれて食べられています。炭水化物と言えば、ご飯、麺類、ぱんが主に挙げられ、糖質が高いために取りすぎると肥満の原因となってしまうことも多くあります。しかし、糖質は体のエネルギーとして使われるため、適度に摂取していく必要があります。ダイエットに置いて、糖質制限ダイエットなどもありますが。無理がかからないように例えば、ご飯ならいちにち100グラム、パンなら食パンを1枚、麺類なら約80グラム位をめどに最低限の摂取をしていきましょう。以前は糖質をたくさん撮っていた方はこれだけでもだいぶ痩せることができるはずです。糖質は直接的にエネルギーに変換されるため、余ってしまうと早い段階で脂肪となっていってしまいます。そのため、必要以上のエネルギーを摂取しないように、糖質はある程度抑えていく必要があります。そうすることによって、摂取エネルギーが減り、トレーニングなどを行うことで消費エネルギーの方が大きくなるのでダイエット思うように進めやすくなります。炭水化物は、適度にとって、取りすぎに注意していきましょう。次にタンパク質ですが、たんぱく質は筋肉を作る成分です。ダイエット中こそタンパク質を多めに取って行きたいものの1つですが、なぜタンパク質を多くとっていく必要があるのか?と言うことになりますが、ダイエットにおいて重要なポイントである基礎代謝を向上させるために必要な栄養素となります。新陳代謝は皮膚や内臓細胞の生まれ変わりのことを指し新陳代謝が低いとカサカサのお肌や、免疫の低下によって病気にかかりやすくなってしまいます。一方の基礎代謝は、体が自然の状態でもエネルギーを消費している量のことで、例えば、階段の上り下りや、歩いている時、座ったり、呼吸をしている時まで、自然に動いているときの筋肉などからくる消費エネルギーの量となります。この基礎代謝は主に、筋肉によるもので、筋肉量が多ければ比例して基礎代謝が上がり、筋肉量が低ければ、比例して基礎代謝が低いと言うことになります。ここで、たんぱく質をとっているかどうかがポイントになってくるのですが、タンパク質をある程度とっていれば筋肉が疲れていき、筋肉量は上がりますので、結果的に基礎代謝が上がり、ダイエットに向いた痩せやすい身体へと変わっていきますし、トレーニングなどによる筋疲労はタンパク質によって回復されて行きます。ダイエット中だからと、タンパク質を削ってしまうと、筋肉が衰えていき、基礎代謝も落ちて痩せにくい体へと変わっていってしまいます。こうしたことから、ダイエット中においてタンパク質は重要な役割を担っています。こうしたことを踏まえておくと、食事量を減らさずにダイエットをしていく場合は、食事量は減らさないが、摂取バランスは考えていくと言う方向にシフトしていけば、食事量を減らさなくてもダイエットを実践していくことができるでしょう。例えば、炭水化物を今まで通りすぎていたら、控えていき、その分タンパク質などを多くとるなどと言う考え方です。ダイエットの全体のことを考えますと、消化に良く体力回復にも役立つ内容が理想的といえますので、酵素浴含み、消化の助けになる野菜を1万石取り、次に代謝を助けていくタンパク質を摂取して最後に糖質である炭水化物をとっていくとダイエットに置いてのバランスが良くなります。また、食事量がもともと多い方はある程度、食事量を減らしていく必要がありますが、キョン的にダイエット中は腹6分目が適量と考えておきましょう。

 

タンパク質の摂取については、ある程度を量を取ってしまっても肥満の原因にはなりにくいので、十分に取る様にしましょう。
特に筋肉量や筋疲労を左右し、基礎代謝に関わる事にもなるので、できるだけ毎日摂っていくと良いでしょう。
タンパク質は主に、肉・魚・大豆・大豆製品からできているので、バランスよく摂取していきましょう。

 

食生活の改善

食事量を減らさずにダイエットをしていくためにも、最低限ダイエットでやっていく内容として食生活の改善について説明をしていきます。
これは、食生活を果然するだけでも効果的な部分があります。
例えば、偏った時間帯のみのの食習慣やドカ食いなどがありますが、まずお話しすべきは、基本的に人の体にはそれぞれの時間帯があるという事です。
その時間帯とは、排泄・補給と消化・吸収と代謝の時間です。
排泄の時間はAM4:00〜PM12::00までの時間帯を言い、前日に食べたものを排泄する時間帯にあたります。
この時間帯に朝食などを食べ過ぎてしまうと、排泄の妨げとなり、体調不良や便秘などの様々な弊害を起こしてしまいます。
そのため、朝起きたらコップ一杯の水を飲んで、果物やスムージー、あるいは野菜を軽く口にするのが適切と言われています。
次に補給と消化の時間ですが、これは12:00〜PM20:00までの間とされていて、一日の中で最も消化に適した時間帯と言えるので、食事量を一番摂っておきたい時間帯となります。
しかし、なんでも食べて良い、どれだけでも食べて良いとなると暴飲暴食になってしまう為、食べる量は腹六分目としておきましょう。
これは、ダイエット中による為、の目安ですが食事内容によってカロリーを抑えられるのであればもう少しお腹いっぱいにしても大丈夫です。
しかし、注意が必要な部分がありまして、カロリーが少ないからと食事量を増やしてしまうと、だんだんと更に食事量が増えていってしまう可能性があるので、注意しましょう。
また、商事をする時の食べる順番にも注意が必要です。
食事をする順番ですが、汁物⇒副菜⇒主菜⇒主食 の順番にしていきましょう。
この順番にするのにも理由があります。
それは、第一の.目的として糖質を吸収しすぎないようにする事です。
これは、例えば炭水化物を一番最初に食べてしまうと、糖質の吸収は良く直接脂肪になりやすくなってしまうからです。

この理由としては、糖質を吸収すると血糖値があがり体か不調にならないように血糖値を下げる為、インスリンが分泌されます。
このインスリンは血糖値を下げる為に糖を分解して体中にエネルギーとして分けて回るのですが、エネルギーが余ると予備電池としてお腹まわりの脂肪として蓄積させてしまうのです。
この血糖値の上昇を抑える為に、糖質を多く含む炭水化物などの主食は一番最後に口にするようにしていきます。
この原理からスープなどの汁物を口にして、次に野菜などの副菜を口にします。
特にこの副菜についても、生野菜や酢の物や発酵食品を摂る様にしていくと消化を良く助けてくれるので、たくさん摂る様にしましょう。
これは、食物繊維の摂取もありますが、一番のポイントは酵素の摂取を促せる事にあります。
酵素には消化酵素と代謝酵素があり、消化酵素は食物を消化する酵素、代謝酵素は体の代謝を促す酵素です。
この消化酵素と代謝酵素の量は体の中で一定量しtかsン罪しておらず、食事を食べ過ぎると消化酵素を多く使い、代謝に使える代謝酵素が減っていってしまいます。
逆に食事に対する消化酵素の節約ができればその分、代謝酵素を多く使える様になるので、代謝が進み、ダイエットのしやすい体へと変わっていきます。
この点を踏まえて、副菜においては、酵素を豊富に含む生野菜や発酵食品を先に食べる事で酵素の補給を促し、消化お助けていくのです。
酵素で短期間で痩せるダイエットについての詳しい説明はこちらのサイトがおすすめです。

 

次に主菜を口にしますが、これは、肉や魚などのタンパク質の摂取を促します。
タンパク質については、前にも説明をしましたが、筋肉を作り上げて、基礎代謝を向上させ、痩せやすい体づくりを促す事を狙っていきます。
最後に糖質の多い炭水化物を摂って、体の活動エネルギーを補給していきます。

 

こうした食事の順番によって、依然よりも痩せやすくなることができるようになっていきます。

 

最後にPM20:00〜AM4:00は吸収と代謝の時間帯となりますが、この時間帯は主に食事を摂らない様に気をつけて、睡眠をよくとる様にしていきましょう。
この時間帯に食事をしてしまうと、免疫低下や体力回復の妨げとなってしまう為、夕食が遅くなってしまった場合などは、ドカ食いに気をつけて野菜やスープなどの消化の良いもので済ます様にするか、18:00ころにおにぎり一個分食べておいて、帰宅してから量を抑えて夕食をすますなど工夫をしていきましょう。
また、睡眠は6〜8時間は摂ると良く、特に22:00〜2:00の時間帯を挟むと効果的に代謝を進められ体力回復に適切な時間帯とされています。